Arai RX−7RC カーボンヘルメット インプレッション

【サーキット走行テスト】

 5月23日 CS−2 筑波サーキットワンデイフェスティバルでマーシャル担当だったので
走行会をずっと先導して走りました

被っているのはペドロサレプリカのカーボンヘルメット【¥273.000】


普段はレッカーが入ったりして時間が空いてる時は
ヘルメットを直ぐに脱ぐのですが、軽いので被ったままです


バイクをなるべく寝かさないでコーナーをまわる


参加者の走りを見守りながら走ってます

 まず(カモメ〜@〜RX−7RR5と比較)

持った時点でかるさ実感

被って軽さを実感

被った状態で首を前後、左右に振って軽さを実感

走行時も切り返しする際の頭の重さを感じない(RX−7RR5と比較)

走行会が終わって首への疲労感が無い
(カモメ〜@〜はむち打ち症にかかっていて健常者より首の疲れが激しい)


【仕事前の457km走行テスト】

 先日のKCBM裏磐梯イベント見送りツーリングに被って試してみました


今回のはカーボンヘルメットベースモデル【¥252.000】

持った瞬間から軽いし、被って軽いし、頭を左右に振っても軽いのだ

 5:00出発で通常は首の疲れでサービスエリアで休憩をするんですが

全然、疲れを感じないのでいっきに那須高原サービスエリアまで走り抜ける

 帰りもいっきに東京まで、仕事前に457km走破しても疲れを感じない、

カモメ〜@〜も29歳と若いのもあるけど、

 ヘルメットが軽いと言う事はかなり
の疲労軽減になるんだなぁとつくづく思いました



 普段は出先でバイクを下りたら、ほとんどの人がヘルメットを脱ぎますよねぇ

それが、わざとらしいと思われるかもしれませんが、

 手に持って移動するより
被ったままの方が、なにかと楽なんですよ、被ればわかります



 装着感、重さ感がないので被ってた方が手に持って移動する時に、いろんな

ところにぶつけたりする心配がないんです


 ツーリングで疲労感の大きい人はこのRX−7RCをヘルメットをお勧めします

軽いと言うのはなにものにも変えがたいアドバンテージです


【超まじめなツーリングテスト】

 バイク雑誌の【 培倶人 】の取材で箱根、大観山〜芦ノ湖スカイライン

へ行って来ました

8月号に掲載されます【7月1日発売 】 是非 ご購読下さい

 朝6:00起床、帰宅夕方7:20

Arai RX-7RCカーボンヘルメットは知ってたけど身近な人が被って走っているのも初

めて見た人が多く、みんなに自前のヘルメットとカーボンとを持ち比べ

てもらったり被ってもらったりと、みんな興味津々で触ってました

 皆さん最初に軽さを感じ、被ってさらに軽さにビックリしていました

この日も帰ってから疲れはほとんどなく朝方の4:30頃まで仕事をしていました

近いうちにArai RX-7RCカーボンヘルメットの注文がAraiさんへ行くカモメ〜@〜

お求めはカモメ〜@〜SHOPへご用命下さい

【楽しく永くカッコ良く走ろう】

 楽しいバイクライフをおくれます

 カッコイイ西郷より