SAIGOサーキットライディングスクール
IN 筑波 コース1000 2003.03.19 晴れ
爽やかな空の下で記念写真
インストラクター 西郷、トニー、松下
取材 カワサキバイクマガジン、KAZE広報
はじめにこのスクールの趣旨を皆さんに
理解して頂きスクールの流れ
講師のトニー.シュルツェ氏、松下氏の紹
介をやり準備運動をしてから開始しました
ライディングフォーム、グリップの持ち方、
重心のかけ方、ステップの足の力の入れ
方、目線、体重移動などのレクチャー
1コーナー 2コーナー
3コーナー
4コーナー 5コーナー インフィールド直線
5コーナー 6コーナー 6から最終へ
コースにはあらかじめレコードラインの要所に約50センチ幅で
チョークで印をつけてあります
コースを歩きブレーキ、シフトダウン、侵入の位置、クリッピン
グポイント、脱出ライン等をコーナーごとに説明しています
最終コーナー
こちらは中級者のク
ラスで走り初めから
ラインの印に沿って
各車同じアプローチ
が出来ています
初級者はまず駐車場のパイロンコースでアクセルワーク、
それぞれのバイクのポジション位置の違い、旋回時のバ
イクの特性を生かした走り、フォーム、目線の説明をして
大きい円旋回、大きい8の字、進入旋回脱出の3セクショ
ンで練習を積みます
コースに入り各
コーナーの特性、
罠、を良く知り、
生かすコーナー、
殺すコーナー
を見極める事を
教えています
希望者は私の後ろに乗りライン取り、ブレーキ、シフトダウン、
アプローチ、脱出、体重のかけ方、体重移動などを走りながら
教えています、走る時にも参加者一人一人順番に私の後ろに
付いてライン取りその他のアクションを生で見ながら一緒に走
りながら覚えていきます
要所要所でコースに止まって細かく教えていきます
レコードラインの要所にチョークでマーキングしたあるので大体
そのラインをトレース出来るようになります、あとは反復練習で
リズムを掴みながら確実な操作の練習です
いい感じですねぇ 中級者はトニー氏、松下氏が担当
やさしい眼差し 旋回しながらベストポジションを探っていきます
バイクそれぞれ上手く旋回できるポジションがあります
自分のバイクのベストなポジションを探すのと旋回中の
トラクションのかけ方フォームを徹底的に練習します
旋回と平行して切り返しの練習
みんな真剣に練習しています
走り終えてアドバイスすると次にはちゃん
と理解してきっちり走れるようになります
こちらは直線からの進入、旋回、脱出
切り返しのセクションです
午後のコース走行はタイム計測器を付けてチョットペースを上げて
先導車が引っ張ります、ストレートのみでの追い越し可として思い
思いに走ってもらいました みんな満足げでした
参加されたライダーは皆さん素直な良い方ばかりで教え
ている方もとても教え甲斐がありました
終了後も殆ど走りっぱなしだったのも関わらず、皆さん
生き生きとした目をされていたのが印象的でした
指導して頂いたトニー、松下両氏ありがとうございました
次回開催は6/25(水) 10/30(木)です
皆さん安全な場所でテクニックを学びましょう
皆さんの参加をお待ちしています
SAIGOサーキットライディングスクールの案内はこちらをクリックしてください