大好評の『PINPOINT』ライテク、今回はリアロックでの”すべり”をコントロールする。

ウィリー・ジャックナイフは百害あって一利なし。もっと大事なテクニックをマスターしよう
このテクニックの応用は、一般公道を走行しているときに、不意に直面したパニック時に、
フルブレーキでリアタイヤをロックさせて滑らせてしまい、あわや・・・という恐い思いを
したときの状態を、逆に危険回避に利用するというもので、テクニックをマスターする
最大のポイントは「心理的な余裕」だ。パニックと同時に足を出したり、ハンドルに力が
入っていると、速やかな回避動作へ移れない。どのテクニックにも共通していることだが
ニーグリップをしっかりし、下半身でバイクをホールドしておくこと。ニーグリップが甘いと、
ハイサイドなどを引き起こし、転倒につながるので、頭と体にしっかり覚えさせておくこと。

PIN POINT
リアブレーキを使った危険回避テクニック
PART1
右サイドへ回避するテクニック
【1】視線は一点に集中せず、全体の情報をつかみながら走る。
   車などの障害物に行く手をふさがれたら、できる限り制動
   を心がけ、次に安全な隙間を瞬時に確認する。
【2】全制動で回避不可能と判断したら、Fブレーキを解除し、
   同時にクラッチレバーを握り、後輪の駆動力をフリーにし、
   Rブレーキをロックさせ、視線を安全と確認した右側へ向ける。
【3】リアが滑りだしたらハンドルを逆に当て(逆ハンにする)、
   障害物との距離感をつかみつつ、最後まであきらめずに
   安全な隙間へバイクをエスコートしてやろう
【4】この時点でスピードは停止寸前まで落ちる。もしもこの時点でスピードが落ちきっていなかった場合は
   コントロール不可能なので、バイクを手前に引き倒すようにして、体を常にバイクの後ろに置いた状態
   をキープし、自らスライドしていく
【5】ブレーキングと、テールスライドで、障害物をうまく回避し、リアタイヤのロックによる滑りがおさまった
   ところで切っていたクラッチをつないでやる。
【6】障害物をうまくやり過ごしたら、落ち着いてバイクを起こし、回避した障害物に加えて、右サイドに障害物
   が無いかなどの安全を確認しながら直進へもどる
【7】正面と右サイドからの障害物を回避できたら、視線を進行方向へ速やかに持っていき、さらに前方の情報を
   得るために、なるべく遠くに視線を持っていく。

TOP PART2 PART3 PART4 PART5